京都前撮り

奥さんになる人と前撮りをする魅力


ドレス男性は、将来奥さんになるパートナーと記念撮影をすることで、
その時の思い出がひとつ出来上がります。


結婚前であれば、結婚式をする場合でもしない場合でも、
前撮りをすることが多くなるでしょう。

結婚前の撮影


前撮りは、通常結婚する前の段階で行うのが基本になります。
この時には半年位前に予約を入れる傾向が多いです。


特に、6月に結婚する人が多いことを考えれば、
その半年前の12月あたりは混雑が予想されます。

 

ただ前撮りをする場合でも屋外で行う場合には、人気の季節とそうでない季節があることを理解しておくべきです。
基本的に結婚の写真撮影をする場面では、ラフな格好で撮影をする事はありません。

 

男性ならば、スーツやタキシードをしっかり着込んで撮影をすることになります。
女性ならば、着物やドレスを着ることになるでしょう。


そのような格好しているときは、夏場に撮影をすることはあまりオススメできません。


理由は、外の気温が高く汗だくになってしまうからです。そうだとすれば夏場を避けて
気候の良い時期を選ぶことが大事です。


できれば、春か秋が理想的になるでしょう。人気のある季節は混雑が予想されるため、
ある程度早い段階から予約をしておいた方が良さそうです。

 

時間帯や場所を上手に選ぶことが大事


京都で前撮りをする場合には、様々な有名スポットや美しい景色を拝むことができる場所も少なくありません。
京都で前撮りをする場所は、そこが世界的に有名な観光地であることに注目してみると良いです。


例えば、有名な神社などで撮影することもできるはずです。
有名な神社などで撮影することができるか問題になりますが、結論から言えば
神社の中でロケ撮影をしても問題ありません。撮影のロケーション


ただし、1部制限がある事は認識しておく必要があります。

まず1つ目は、境内でも撮影禁止の場所も存在しています。例えば国宝の建物の中を撮影してしまうと
不都合なことがあるため、撮影は避けなければいけません。


もう一つは、撮影するお店による制限です。撮影するお店は、京都市内にあったとしても
市内のどこにでも出張してくれるわけではありません。


例えば、伏見の方から鞍馬の方までは自動車でも混雑しているときは1時間以上かかります。
そのため、そのお店によって撮影する場所があらかじめ限定されている可能性もあるでしょう。


お店も商売になるため、遠い場所に赴き時間と交通費をかけすぎても不都合なことが多いわけです。
事前にエリアが決まっている場合にはどのあたりまで出張してくれるかを確認しておくことが大事になります。

 

 

トップページ 結婚写真 特徴 相場 価格帯 持ち物


出来ること 和装 和ロケ 町家 洋装 日常的 神社で撮影 SITEMAP